Now Loading

Photography

秋が過ぎていく

2021.11.11

COLUMN

秋が過ぎていく

2021年も残り1ヶ月と半分。
1年は本当に早いもので、なぜかこの時期はソワソワと少しの焦燥感。
今月から始まった新しいご案件は緊張と楽しみとさまざまな思いで撮影をさせていただいております。

ありがたいことに独立してから多くの撮影のご依頼をいただきました。
全てのご依頼に真剣に向き合わせていいただきましたが至らぬ点もありました。
それでも、私にとお声をかけてくださる皆さまありがとうございます。心より感謝しております。

時には一人きりで仕事をしているような気持ちになることもありましたが、そんなのバカタレと思うくらい多くの方に支えていただいていました。不本意とは思いますが厳しい叱咤を担ってくださる方もいます。
幸せなことですがいただいてばかりだなと、自分には何ができるかを毎日考えています。
あれ、なんだかいろんな意味で終わり向かっているような文章になってきましたがそんなことはないです。

先に書いた今月から始まったご案件では、私が事務所を構える奥多摩に流れる多摩川に沿っての撮影が多くなります。
今日はゆっくりじっくりとその多摩川沿いをカメラを持って歩きました。
ただ写真のことだけを考えて歩く時間。
私が今まで過ごして見てきた記憶していた風景はなんだったんだろうと思うくらい、そこには美しい姿がありました。もちろん美しい場所であると思っていましたが、当たり前に思ってしまっていたのだなあと。

「向き合い続ける」
向き合うという意味は理解できるし向き合えている気になっていましたが、それを実行できずにいました。
誰にとっても時間は平等に使う権利があることを忘れてはいけないし、それを奪ってはいけない。
そしてその使い方の質が少しでも上げることが大切なんですね。

とにかく向き合うことを絶えず続けたいと思います。

本日の一枚

冬の色のない世界に向けて、思い切りカラフルになる季節ですね。

あれ、ひとつ前の投稿が消えている。。
おくたま文庫さんへ行ったコラム。なんてこと。これはまたすぐ行ってコラムしよう。

OTHER COLUMN